メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥インフルエンザ

防疫演習 県庁などでJA職員ら 初動、殺処分対応を確認 /佐賀

 県は11日、高病原性鳥インフルエンザの防疫演習を県庁などで実施した。例年、渡り鳥が多くなるシーズンを前に実施し、初動対応などを確認。県内100戸の養鶏農家にも感染防止対策の徹底を要請した。

 県やJAの職員など約170人が参加した。佐賀市東与賀町の農家で発生したと想定し、2回目の簡易検査で陽性判定が出た午後1時に県庁に対策本部を設置。佐賀市川副支所に設置した現地対策本部とテレビ会議を開き、殺処分…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文499文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相が「内奏」 天皇陛下に国政報告 皇居で2人きり

  2. 緊急事態宣言は「抜かない宝刀」? 安倍政権が恐れるシナリオ 新型コロナ

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. 「みさき公園」ついに閉園 多くの人に愛され63年 大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです