メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外為・株式

東証 終値915円安 米株急落、世界に連鎖

 11日の東京株式市場は、米金利上昇や米中両国の貿易摩擦への懸念を背景にした米国市場での株価急落を受け、全面安の展開となった。日経平均株価は一時1000円以上急落し、前日終値比915円18銭安の2万2590円86銭で取引を終えた。終値で2万3000円を割り込むのは9月13日以来、約1カ月ぶり。アジアや欧州市場でも連鎖的に株価が下落し、世界同時株安の様相となっている。(3面にクローズアップ)

 日経平均の下げ幅が900円を超えたのは、3月23日(974円13銭)以来約7カ月ぶりで、今年3番目…

この記事は有料記事です。

残り709文字(全文955文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 瀬戸内海、少し濁ってちょうどいい? 魚呼び戻せ 兵庫県が排水規制撤廃へ

  2. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  3. 「絶滅」一転、イノシシ被害7300万円 山形、越冬できないはずが…

  4. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  5. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです