メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京・豊洲市場

にぎわう 「日本の台所」装い新た

開場した豊洲市場で行われた生鮮マグロの競り=東京都江東区で2018年10月11日午前5時41分、竹内紀臣撮影

 「日本の台所」と呼ばれてきた東京都中央卸売市場築地市場(中央区)が移転し、豊洲市場(江東区)が11日に開場した。温度管理を徹底して鮮度を保つ閉鎖型の市場で、築地に代わる「豊洲ブランド」をいかに確立するかが課題だ。視察した小池百合子知事は「東京、日本の中核的な市場として育てていく」と語った。

 午前5時半に始まったマグロの初競りでは173…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文424文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 紅葉と国宝、くっきりと ライトアップ、もうすぐ見ごろ 大津・石山寺 /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです