メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州電力

太陽光発電制限へ 供給過剰の恐れ

 九州電力は11日、九州7県の太陽光と風力の再生可能エネルギー発電事業者に一時的な発電停止を求める「出力制御」を13、14日に行う可能性が高いと発表した。実施されれば離島を除き全国初。九州では太陽光普及や原発再稼働が進んでおり、電力の需給バランスが崩れて大規模停電(ブラックアウト)に陥るのを防ぐため。天候次第では実施を見直すこともある。

 九電によると、対象は同社の送配電網と接続契約を結ぶ太陽光約2万4000件と風力約60件。現時点では…

この記事は有料記事です。

残り585文字(全文804文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  5. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです