メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

欧州の対中警戒感=西川恵

 <kin-gon>

 米中の対立が激化する中、欧州でも中国に対する批判が顕在化してきた。米中の貿易戦争で欧州は米国に多くの部分で同調しており、「欧州としてどう中国に向き合うか」が欧州連合(EU)の課題となり始めている。

 中国に対するEUのこれまでの批判は、人権や社会の不透明性、安全保障面に集中していた。中国国内の人権派弁護士への抑圧、監視社会の強化、南シナ海の軍事拠点化などだ。国際刑事警察機構(ICPO)の中国人総裁が本国帰国後に消息不明になった一件もこの一つである。

 しかし昨今の対中批判は経済・貿易面で顕在化している。今年7月のEU・中国首脳会議前、EU欧州委員会…

この記事は有料記事です。

残り731文字(全文1017文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  2. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  3. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  4. 桜を見る会関連支払い「不足」 市民団体、公選法違反容疑で首相告発へ

  5. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです