メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

プロ野球ビデオ判定

 プロ野球は今季、対戦チームの監督が審判の判定に異議がある場合、ビデオで白黒をつける「リプレー検証」を求めることができる「リクエスト制度」を導入した。だが、リプレー検証でいったんファウルから本塁打に修正された判定を試合後に審判団が「誤審だった」と認める異例の事態も発生した。ビデオ判定の功罪は。

観客も楽しめ利点多い 江幡秀則・ヤクルト球団管理本部長

 テニスやサッカーなどさまざまな競技でビデオ判定が実施されている。米大リーグでは2014年に「チャレンジ制度」が導入された。今はテレビ映像も非常に鮮明になり、誰でも気になった場面を繰り返し見ることができる。中継でも数秒後には何度も放映される。その流れを踏まえ、「プロ野球もリプレー検証を導入すべきだ」と判断し、今年からスタートした。

 サッカーやテニスの競技場は比較的狭いためプレーを映像で捉えやすいが、野球場は広大で、カメラを設置す…

この記事は有料記事です。

残り4079文字(全文4469文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. 記者不明 「殺害の証拠発見」AP報道 サウジ総領事出国
  3. EM菌 効果「承知していない」 環境相、否定的考え示す
  4. 訃報 仙谷由人さん72歳=元衆院議員、元官房長官
  5. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです