メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

「新潮45」の休刊 ネット時代の言論の場を=山口敦雄(東京学芸部)

「新潮45」の休刊が決まった日、新潮社前で抗議活動をする人たち=東京都新宿区で9月25日、山口敦雄撮影

 新潮社(東京都新宿区)は9月25日、性的少数者(LGBTなど)への差別的な表現を含む寄稿や特集を掲載し、批判を浴びた総合月刊誌「新潮45」の休刊を発表した。売り上げ増を狙い、過剰な表現や過激な差別発言をそのまま掲載した同社の判断に問題があったのはいうまでもない。

部数増強いた経営陣に問題

 しかし、同誌は部数低迷による恒常的な赤字で、前から休刊がささやかれており、極論の右寄り特集誌面で盛り返そうとして無理が生じたようだ。歴史ある総合月刊誌の現場に、部数増を強いた経営陣の判断に根本的な問題があったのではないかと思う。第2の「新潮45」が出ないよう、デジタル時代に対応した出版のあり方を考えたい。

 「新潮45」は1985年の創刊。45歳の知識層をターゲットに、当初は殺人事件や未解決事件などのノン…

この記事は有料記事です。

残り1702文字(全文2050文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 20代女性を窃盗容疑で誤認逮捕 松山東署、2日後に釈放
  4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  5. 東海道新幹線の全区間、一時運転見合わせ 静岡で大雨

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです