メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インドネシア地震

悲劇の頂、930遺体 共同埋葬なおも増え

夕闇の中、共同墓地に埋葬された遺体の前で祈りをささげる国軍兵士ら=インドネシア・中スラウェシ州パルで2018年10月10日、モハマド・ファズルル撮影

 【パル(スラウェシ島中部)小泉大士】インドネシア・スラウェシ島で多くの犠牲者を出した地震は、12日で発生から2週間を迎える。11日までに2073人の遺体が収容され、その半数近くが身元不明のまま、津波が押し寄せたパル湾を望む山頂の墓地に共同埋葬された。国家防災庁は、当初の予定から1日延長し12日に行方不明者の捜索を打ち切る方針。震災の悲劇と教訓を語り継ぐため、パル市当局には墓地に記念碑を建てる計画も持ち上がっている。

 「今度は何体?」「4体だよ」--。埋葬作業を手伝うボランティアが、救急車の運転手に声をかけた。サイ…

この記事は有料記事です。

残り737文字(全文997文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  2. 天皇陛下、宮中三殿に拝礼 即位の礼を行うことを祖先に報告

  3. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  4. 皇居近くの首都高でトレーラー炎上

  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです