メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

18年度第1次補正予算案

9400億円 政府方針 災害復旧・学校に冷房

 政府は2018年度の第1次補正予算案の総額を9400億円程度とする方針を固めた。西日本豪雨や北海道地震など災害の復旧費や、小中学校の教室へのエアコン設置費などを盛り込む。財源は、17年度決算の剰余金の一部を充てるほか、建設国債を発行して賄う。週明けにも閣議決定し、今月下旬召集の臨時国会に提出する。

 自然災害への対応では、使えなくなった道…

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文400文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定
  2. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  3. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  4. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  5. 北海道知事選に夕張市長擁立で調整 自民

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです