メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

韓裕治さん=国連で外国籍教員差別を訴えた

国連人種差別撤廃委員会で在日コリアン差別について報告した中学校教員の韓裕治さん=神戸市長田区の高取台中で2018年9月6日、三村政司撮影

韓裕治(ハン ユチ)さん(53)

 「(管理職に)なりたくないのと、なれないのは全く違う」。8月、スイス・ジュネーブの国連人種差別撤廃委員会。委員らの目を見つめ、在日韓国人3世としての思いを伝えた。日本人と同じ試験に通っても、外国籍だと、公立の小中高で管理職への道が開ける「教諭」になれない。こうした現実を初めて受け止めた委員会は日本政府に対し、国籍を理由に昇任の機会を奪わないよう勧告した。

 1991年の日韓両国の協議を受け、公立学校での外国籍教員の採用が正式に認められた。政府は「身分の安…

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文652文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

  3. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  5. 「珍 女性のような男性」 テレビ山口が番組で性的少数者に差別表現

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです