メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

子どもの心のケア 大学と小学校タッグ 不安の対処法、遊び感覚で習得

「メンタルヘルス予防教育プログラム」の授業を行っている京都府舞鶴市立余内小学校=御園生枝里撮影

 近年、うつ病や不安障害など、子どもの精神疾患に関心が高まっている。海外では子ども向けの予防教育を導入している国があり、国内では京都府と同志社大学が府内の公立小学校で導入しようと「メンタルヘルス予防教育プログラム」を始めた。心理療法の一種、認知行動療法に基づいたもので、こうした予防教育は災害時の子どもの心のケアに役立つとの研究もあり、注目が集まっている。【御園生枝里】

 「困った気持ちをつかまえよう」。京都府舞鶴市立余内小学校で、坂根由佳梨教諭は担任する5年のクラスの…

この記事は有料記事です。

残り2112文字(全文2347文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「未明に自宅で突然刃物で首を刺された」高2男子が被害 男は逃走 埼玉・蕨
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです