メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

催し「ラベンダーリングデイ」 がん経験者の笑顔は力 メークして「イケてる私」プロが撮影

ラベンダーリングのイベントで、妹と撮影をする久保向日葵さん(左)。写真を撮るのは資生堂の写真家、金澤正人さん(右)=大阪市北区のグランフロント大阪にある「パナソニックセンター大阪」で、御園生枝里撮影

 がんへの偏見をなくし、がんになっても笑顔で暮らせる社会を目指すイベント「ラベンダーリングデイ」が先月、大阪市内で開かれた。がん経験者にメークを施した後、写真家が撮影し、ポスターを作製。参加者からは「がんの治療で顔が腫れるなどして悲しかった。写真を見て『私、イケるやん』と思った」などと喜びの声が寄せられ、今後も開く予定だ。

 イベントは、広告大手、電通の社員で、3年前から肺腺がんの治療を続ける御園生泰明さん(41)と、がんが見つかった時の上司、月村寛之さん(50)らが「がん経験者の笑顔の写真で患者を元気付けたい」との思いで始めた。

この記事は有料記事です。

残り458文字(全文725文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 脳しんとうの力士が取り直し 土俵の安全性に警鐘 協会、初場所後に本格協議へ

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 警視庁担当記者が過激派「中核派」のアジトに入り、見た世界とは

  5. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです