メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

催し「ラベンダーリングデイ」 がん経験者の笑顔は力 メークして「イケてる私」プロが撮影

ラベンダーリングのイベントで、妹と撮影をする久保向日葵さん(左)。写真を撮るのは資生堂の写真家、金澤正人さん(右)=大阪市北区のグランフロント大阪にある「パナソニックセンター大阪」で、御園生枝里撮影

 がんへの偏見をなくし、がんになっても笑顔で暮らせる社会を目指すイベント「ラベンダーリングデイ」が先月、大阪市内で開かれた。がん経験者にメークを施した後、写真家が撮影し、ポスターを作製。参加者からは「がんの治療で顔が腫れるなどして悲しかった。写真を見て『私、イケるやん』と思った」などと喜びの声が寄せられ、今後も開く予定だ。

 イベントは、広告大手、電通の社員で、3年前から肺腺がんの治療を続ける御園生泰明さん(41)と、がんが見つかった時の上司、月村寛之さん(50)らが「がん経験者の笑顔の写真で患者を元気付けたい」との思いで始めた。

この記事は有料記事です。

残り458文字(全文725文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

  3. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです