メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
くらしナビ・ライフスタイル

催し「ラベンダーリングデイ」 がん経験者の笑顔は力 メークして「イケてる私」プロが撮影

ラベンダーリングのイベントで、妹と撮影をする久保向日葵さん(左)。写真を撮るのは資生堂の写真家、金澤正人さん(右)=大阪市北区のグランフロント大阪にある「パナソニックセンター大阪」で、御園生枝里撮影

 がんへの偏見をなくし、がんになっても笑顔で暮らせる社会を目指すイベント「ラベンダーリングデイ」が先月、大阪市内で開かれた。がん経験者にメークを施した後、写真家が撮影し、ポスターを作製。参加者からは「がんの治療で顔が腫れるなどして悲しかった。写真を見て『私、イケるやん』と思った」などと喜びの声が寄せられ、今後も開く予定だ。

 イベントは、広告大手、電通の社員で、3年前から肺腺がんの治療を続ける御園生泰明さん(41)と、がん…

この記事は有料記事です。

残り513文字(全文725文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. 県内最高齢 112歳、内山さんが死去 長崎市 /長崎

  4. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  5. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです