メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まんぷく

咲姉ちゃん・内田有紀の“退場”に「早すぎる」の声 変わらぬ“美”にも再注目

NHK連続テレビ小説「まんぷく」第11回の一場面 (C)NHK

 安藤サクラさん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「まんぷく」の第11回が12日に放送され、ヒロイン・福子(安藤さん)の姉・咲(内田有紀さん)の“最期”が描かれた。同回では、福子の大好きな“咲姉ちゃん”の病状は回復せず、ついに帰らぬ人に。視聴者は「咲姉ちゃんがこんなに早くいなくなっちゃうなんて」「咲姉ちゃん、早すぎる……」「咲姉ちゃん、もう出ないの? 早すぎる」と“退場”を惜しんだ。

 内田さんは今回が初の朝ドラ出演。以前と変わらぬ“美”に改めて注目が集まり、SNSでは「美人薄命とは咲姉ちゃんのことを言うんだ」「内田有紀さん美しいな」「こんなにも美人薄命が似合う女優さんになられるとは」との声も上がっていた。

 「まんぷく」は、99作目の朝ドラで、大阪放送局制作としては42作目。インスタントラーメンをこの世に生み出した実業家、安藤百福(ももふく)さんとその妻、仁子(まさこ)さんの半生がモデルのドラマ。

 12日の第11回では、咲の深刻な病状を知らされ、福子、鈴(松坂慶子さん)、克子(松下奈緒さん)は悲しみにうちひしがれる。一方、大阪東洋ホテルでは、福子の先輩・恵(橋本マナミさん)が突然2人の男性から交際を迫られる“大事件”が。恋愛経験がほとんどない恵は……という展開だった。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋桁の下敷きに、ダンプ運転手死亡 埼玉・深谷
  2. 「諦めない」若者も抗議の声 土砂投入一夜明け
  3. ORICON NEWS 指原莉乃、涙でHKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい」
  4. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  5. 仏大統領「譲歩」後、初のデモ 事態収束は不透明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです