メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デジタル

シンプルに高性能化がありがたい! 合体モジュールスマホ「moto z3 play」大画面&デュアルカメラ化(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

モトローラ・モビリティ・ジャパンが、Androidスマートフォンの新モデル「moto z3 play」の日本発売を発表しました。発売日は10月13日(土曜)で、価格は5万6800円(税別)です。

 

↑6.01インチの有機ELディスプレイを搭載

 

↑背面はフラットで、美しいガラス仕上げ。金色の端子がある部分にはマグネットが用いられ、拡張モジュールと簡単に合体できる

 

選べるmoto modsで機能を拡張できる!

「moto z」シリーズは、「moto mods」という専用モジュールを取り付けることで、機能を拡張できるという斬新なスマホです。日本でも、これまでに3モデルが発売されており、光学10倍ズームレンズを搭載するハッセルブラッドのカメラモジュールや、大容量バッテリーを内蔵するゲームパッドなども話題になりました。新モデル「moto z3 play」でも、これまでに発売されたすべてのmoto modsを利用できます。

 

↑老舗のカメラメーカー・ハッセルブラッドのレンズを備えたmodsや、撮った写真をその場でプリントできるポラロイドのmodsも人気

 

↑すでに発売されているmoto modsはすべて装着可能。今後、さらにラインナップを充実させる計画もあるそうだ

 

ちなみに、従来は「Moto Z」「Moto Mods」という頭文字が大文字の表記でしたが、今年発売のモデルから小文字表記に変わったそうです。決して、変換ミスではありませんので、あしからず。

 

約6インチの有機ELディスプレイを搭載

「moto z3 play」は、6.01インチでアスペクト比が18:9の有機ELディスプレイを搭載。解像度はフルHD+(2160×1080ドット)。ちなみに、前モデルの「Moto Z2 Play」は5.5インチのフルHD(1920×1080ドット)でした。前モデルのサイズ感はそのままに、画面が縦に広くなったわけです。そのため、前モデルではディスプレイの下にあった指紋センサーが本体の右サイドに移動しています。

 

↑本体右側に指紋センサーを搭載し、顔認証にも対応

 

本体の最薄部は約6.75mm。前モデル(5.99mm)よりも若干厚くなりましたが、それでも数あるスマホの中では極薄と言える仕様です。その極薄ボディに3000mAhの大容量バッテリーを搭載し、急速充電にも対応しています。

 

↑サイズは約H156.5×W76.5×D6.75mmで、重さは約156g

 

↑USB Type-Cポートは、イヤホンジャックも兼ねる。変換アダプタも同梱

 

↑従来から人気の「Motoアクション」という独自機能も健在

 

撮影後の編集も楽しめるデュアルカメラも魅力

大きな進化を遂げたのはカメラ。moto zシリーズ初となるデュアルカメラを搭載しています。1200万画素(f/1.7)+500万画素という組み合わせで、被写体深度を捉えて、背景をぼかせることはもちろん、画像の一部をモノクロにしたり、人物などを切り抜いて他の画像と合成するなど、凝った画像編集を簡単に行えることがセールスポイント。さらに、連写した画像をアニメーションとして表示できる新機能「シネマグラフ」も楽しめます。なお、インカメラは800万画素(f/1.8)です。

 

↑撮影モードのメニュー

 

↑選択した個所の色だけを残して、あとはモノクロにできる「スポットカラー」

 

なお、Googleが今秋、日本向けサービスの開始を予定している「Googleレンズ」にも対応。現在は、外国語でしか利用できませんが、近いうちに、日本語での画像検索や翻訳にも対応する予定のこと。また、OSはAndroid 8.1ですが、「そんなに遠くない」時期にAndroid 9へのアップデートが予定していることも発表されました。

 

↑発表会に登壇したモトローラ・モビリティ・ジャパンの代表取締役社長、ダニー・アダモポウロス氏

 

moto zシリーズで初めて国内3キャリアに全対応!

プロセッサーはハイミドルクラスのSnapdragon 636(1.8GHz×8コア)を採用し、RAM(メモリ)は4GBで、ストレージ64GB。microSD(最大2TB)でストレージを拡張することもできます。

 

日本国内の全キャリアのネットワークに対応しているので、好きなキャリアやMVNOのSIMを挿して使えます。DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)対応なので、海外渡航時に現地のSIMと併用することもできます。

 

手軽の機能を拡張できるギミックはそのままに、縦長ディスプレイやデュアルカメラといった昨今のトレンドも取り入れた、新しいmoto z3 play。これまで迷っていた人にも “買い時” が到来したかもしれませんね。

 

↑カラーはディープインディゴ1色。高級感があり、ビジネスシーンにもフィットする
【関連記事】
北米で人気を広げる「Facebook Marketplace」。AIの導入で劇的に買い物が変わるぞ、これ。
絶対iPad使いはどれか欲しくなる! 2018年最新のiPad最大活用アクセサリー&アプリ
【今さら聞けない】LINEのトーク画面をカスタマイズする方法(背景画像の変え方)
美しすぎて……。Perfumeがきゃりーぱみゅぱみゅの影響でTikTokデビュー!
使い勝手の良いマウスは仕事効率を上げる第一歩! 「高機能なマウス」5選を決定

情報提供:GetNavi web


毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 芦田淳さん88歳=ファッションデザイナー
  2. トランプ政権 トランスジェンダー排除を検討…米紙報道
  3. 米国 デザイナーのケイト・スペードさん死亡 自殺か
  4. ORICON NEWS NHKの体操番組に熱視線、5分で心をつかむ“裏切らない体作り”とは?
  5. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです