メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナイアンティック

ポケGO 聴覚を使った新ゲーム公開

ナイアンティックが六本木ヒルズで展示している「ポケモンGO AR庭園」。「鳴き声」を頼りに捕獲したポケモンは毛利庭園内の芝生に呼び出し、スマートフォン上で現実空間と融合させて、遊ぶことができる=東京都港区の毛利庭園で2018年10月12日、大村健一撮影

 スマートフォン向けゲームアプリの「ポケモンGO」や「イングレス」を開発、運営するナイアンティック(米国)は12日から、AR(拡張現実)やVR(仮想現実)を用いた体験型展示の公開を始めた。同日に六本木ヒルズ(東京都港区)で始まった「INNOVATION TOKYO(イノベーション東京)2018」への出展で、初日の報道向け体験会では、聴覚を使った新しいゲームなどが紹介された。展示は21日までで、参加無料。

 聴覚を使うゲームは、敷地内の毛利庭園で開催されている「ポケモンGO AR庭園」。スマートフォンにつ…

この記事は有料記事です。

残り712文字(全文965文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  2. 日大チアパワハラ 「学校の恥」「ずる賢いばか」暴言次々
  3. 辺野古土砂投入 沖縄知事、猛反発「法治国家としてあるまじき行為」
  4. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  5. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです