メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ナイアンティック

ポケGO 聴覚を使った新ゲーム公開

ナイアンティックが六本木ヒルズで展示している「ポケモンGO AR庭園」。「鳴き声」を頼りに捕獲したポケモンは毛利庭園内の芝生に呼び出し、スマートフォン上で現実空間と融合させて、遊ぶことができる=東京都港区の毛利庭園で2018年10月12日、大村健一撮影

 スマートフォン向けゲームアプリの「ポケモンGO」や「イングレス」を開発、運営するナイアンティック(米国)は12日から、AR(拡張現実)やVR(仮想現実)を用いた体験型展示の公開を始めた。同日に六本木ヒルズ(東京都港区)で始まった「INNOVATION TOKYO(イノベーション東京)2018」への出展で、初日の報道向け体験会では、聴覚を使った新しいゲームなどが紹介された。展示は21日までで、参加無料。

 聴覚を使うゲームは、敷地内の毛利庭園で開催されている「ポケモンGO AR庭園」。スマートフォンにつ…

この記事は有料記事です。

残り712文字(全文965文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 日本一の超高層ビル建設、森ビルが計画発表 2023年に330メートル

  4. 履正社が令和初の夏制す 強力打線が星稜・奥川から5点奪う 甲子園初優勝

  5. ORICON NEWS 『天気の子』興行収入100億円を突破 日本映画では『君の名は。』以来3年ぶり

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです