メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸市立の小中学校

仮設校舎の冷房増強を 児童ら汗だく

神戸市立高羽小の仮設校舎にもともと設置されていた冷房。できるだけ冷気が広がるように扇風機を置いていた=神戸市で2018年8月24日、井上元宏撮影

 今夏の記録的猛暑を受け校舎への冷房設置が全国的な課題となる中、神戸市立の小中学校では仮設校舎の冷房増強を求める声が強まっている。同市は2015年度までに市立の小中学校全246校(分校を含む)に冷房を設置した“優等生”。だが、プレハブの建物は暑くなりやすいのに、仮設校舎がある学校の6割に当たる14校で冷房の馬力が本校舎と同じ。今夏は灘区の小学校が悲鳴を上げ、市教委が急きょ冷房を増設した。来夏に向けて、学び舎(や)の“宿題”は残されている。【井上元宏】

 神戸市立高羽小(灘区、稲垣健校長)では7月、2階建ての仮設校舎のうち、西日が当たる2階西側の2教室…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. フーターズ運営が再生法申請 負債約5億円、営業継続
  3. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到
  4. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  5. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです