メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いじめ

「大人が発見を」 大津・中2自殺7年 父が会見

記者会見で改めていじめの対策・防止などを訴える男子生徒の父親=大津市御陵町の市役所で2018年10月11日、小西雄介撮影

 2011年にいじめを受けた大津市立中学2年の男子生徒(当時13歳)が自殺してから11日で7年となった。市役所で記者会見した生徒の父親(53)は「いじめは目に見えにくいもの。大人が発見して救い出してほしい」と改めて、いじめの根絶を訴えた。会見に同席した越直美市長は「この事件を風化させないことが重要で、いじめ対策に終わりはない」と決意を語った。【小西雄介】

 生徒の死をきっかけに、いじめ防止対策推進法が13年に施行されたが、いじめなどで命を落とす中高生は全…

この記事は有料記事です。

残り612文字(全文840文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  3. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  4. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  5. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです