メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クラウドファンディング

親ウナギ買い上げの資金提供を

遠州灘での親ウナギ放流の様子=静岡県提供

 絶滅危惧種に指定されているニホンウナギの資源回復を進めようと、浜名湖の漁業者などで作る「浜名湖発親うなぎ放流連絡会」(浜松市西区)は、親ウナギを買い上げて遠州灘に放流する資金を集めるため、クラウドファンディングで資金提供を呼びかけている。目標金額は30万円で、募集期間は19日まで。連絡会は「うなぎという日本の和食文化を守るために協力をいただければ」としている。

 静岡県水産資源課によると、ニホンウナギは河川などに生息し、産卵のためにマリアナ諸島沖付近まで向かい、その後、稚魚が海流に乗って河川などに戻ってくるとされる。しかし、最近は稚魚の量が減少し、1983年の県内の漁獲量が約4000キロだったのに対し、昨年12月~今年4月は1231キロにとどまる。稚魚の乱獲や海流の変化などが原因とみられている。

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文671文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  2. ORICON NEWS 夏菜、一般男性と結婚「心から彼を尊敬」[コメント全文]

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  5. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです