メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宮城県議会

部活動手当削減条例改正案 現場から反発の声

高橋仁教育長らが出席し開催された総務企画委員会=宮城県議会で2018年10月11日、本橋敦子撮影

 宮城県議会の総務企画委員会で11日可決された、公立中高教職員(仙台市を除く)の休日の部活動手当を「4時間程度3600円」から「3時間程度2700円」に削減する条例案。「休日の部活動を3時間程度まで」とするスポーツ庁の指針に従う形の内容だが、学校の教職員からは「現場の実態にそぐわない」と反発の声が上がっている。【本橋敦子】

 同日午前から行われた委員会には高橋仁教育長ら県教委関係者らが出席。委員の県議から「対外試合など3時…

この記事は有料記事です。

残り620文字(全文832文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  2. 世界の雑記帳 中国男性が自撮り中に高層ビルから転落死、国営紙は相次ぎ警鐘
  3. 悪ふざけ投稿 尻にポンプ車ホース…ツイートの消防士処分
  4. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  5. ピラミッド違法登頂が動画投稿で発覚 デンマーク人カップル裸で抱き合う姿も 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです