メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中部空港

複合商業施設が開業 B787初号機を展示

中部空港に開業した複合商業施設「フライト・オブ・ドリームズ」=愛知県常滑市で2018年10月12日午前10時42分、兵藤公治撮影

 愛知県常滑市の中部空港で12日、複合商業施設「フライト・オブ・ドリームズ」が開業した。4階建ての建物(延べ約1万1000平方メートル)の吹き抜け空間に、最新鋭旅客機ボーイング787の試験飛行に使われた初号機が展示されており、巨大な機体を間近に見ながら食事などが楽しめる。中部国際空港会社は年間150万人の来客を見込む。

 午前10時のオープン前から多くの人が列を作った。一番乗りは同県小牧市桃花台、会社員、松尾泰志さん(49)。前日の午後10時から着替えや朝食持参で並んだという。飛行機のエンジン関係の仕事をしており、「787はこれからますます活躍する。それも1号機があってこそ。間近で見るのを楽しみにしていた」。同社の友添雅直社長から記念品のモデルプレーンをもらい、さっそく機体のそばへ駆け寄った。

この記事は有料記事です。

残り209文字(全文559文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  2. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. 新型コロナ、都内で感染者68人確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです