メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
JR九州

宮崎でも台風塩害か 4日の運行トラブル

塩害による停電のメカニズム

 宮崎市などを走るJR日豊線と宮崎空港線の一部区間で今月4日に大規模停電による運行トラブルがあり、台風24、25号の強風で吹き付けられた海水の塩分による「塩害」が原因だった可能性が高いことが判明した。JR九州が毎日新聞の取材に明らかにした。今夏の台風接近に伴う塩害が原因とみられる鉄道トラブルは千葉県などで起きている。

 宮崎では4日午後6時ごろから約1時間20分、JR日豊線の東都農(宮崎県都農町)-田野(宮崎市)間、…

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文504文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  3. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  4. 「明治フルーツ」販売終了 60年の歴史に幕

  5. 「トランプ公式プラ製ストロー」販売開始 ロゴ入り10本で1600円 「紙」に対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです