メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NHK

受信料値下げへ 数十円案も浮上

NHK放送センター=東京都渋谷区で2014年1月撮影

 NHKは12日、受信料を値下げする方向で検討に入った。昨年末の最高裁判決で受信料制度について合憲とする初判断が示されたことによる受信料の増収分などを原資にする考えだ。現在の受信料は、衛星放送を視聴しない地上契約で月額1260円(口座振替、クレジット払い)。値下げは2012年10月の7%値下げ以来となる。今年12月に来年度予算案が固まるのに合わせ、中長期的な収支見通しが判明するのを待って、正式に表明する。

 NHK内では、値下げ幅について「数%・数十円」などの案も出ている。

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文544文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  2. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  5. ロシアメディア、紀平をたたえる 王位は「驚異の日本人に」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです