メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

玉城氏

首相と会談 12日、辺野古反対を伝達へ

玉城デニー氏=沖縄県那覇市で2018年10月1日、徳野仁子撮影

 沖縄県の玉城デニー知事は12日午後、首相官邸で安倍晋三首相と会談する。玉城氏が就任後に首相と面会するのは初めてで、菅義偉官房長官も同席する。玉城氏は米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古への移設に反対する考えを、安倍首相に直接伝える意向だ。

 急逝した翁長雄志前知事の路線を継承した玉城氏は9月30日投開票の知事選で初当選した。玉城氏は11日、自民党本部で二階俊博幹事長と会談し、「辺野古の新基地建設には翁長氏の遺志を継いで反対の立場だ」と伝達した。一方で「県民の生活を支えていくための振興発展は県政の大きなテーマだ」と、沖縄振興への協力も要請した。

 玉城氏によると二階氏は「考えが似ているところ、違うところはあるが、考えが近いところでは協力していこう」と応じたという。自民党は知事選で玉城氏の対立候補を支援したが大敗しており、「選挙も終わったのだから円満にやっていく」(党幹部)と、当面は県と「対話路線」を取る姿勢も見せている。玉城氏も「まず胸襟を開き、対話をする姿勢で臨みたい」と記者団に語った。【竹内望】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  2. 訃報 穂積隆信さん 87歳=俳優 「積木くずし」執筆
  3. 群馬・高崎 石灯籠の下敷きに、中学生死亡
  4. 殺人 81歳男性、背中刺され死亡 滋賀・長浜
  5. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです