メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シャープ

ペット対応の空気清浄機 主に犬や猫を想定

ペットへの対応機能が付いたシャープの加湿空気清浄機の新モデル=大阪市北区で2018年10月11日午前11時44分、加藤美穂子撮影

 シャープは11日、ペットへの対応機能を加えた加湿空気清浄機の新モデルを発表した。主に犬や猫を想定し、湿度などペットが過ごしやすい環境を作り、室内の脱臭も効果的に行ってくれる。11月15日に発売する。

     空気清浄機の購入層は現在、30~40代の子育て世帯が中心といい、ペットを飼う余裕のある高齢世帯の需要を喚起する狙い。

     新モデルは、インターネット経由で機器を制御できるシャープのクラウドサービスを導入。スマートフォンのアプリにペットの名前を登録することでペット用の運転が可能になる。センサーが部屋の状態を感知し、自動で送風や加湿を実施。飼い主が外出中の「みまもり」機能も付いており、部屋の温度やほこりの量を外出先からスマホで確認できる。

     想定価格は税抜き13万~5万5000円前後。【加藤美穂子】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ファシリティードッグ 子供の闘病支え9年 ベイリー引退
    2. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
    3. 新在留資格 送還拒否の一部の国を除外 法務省方針
    4. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
    5. 北九州 海外視察報告、複数市議がブログ写す コピペ否定

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです