メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東証

全面安の展開 米株急落、世界に連鎖

下げ幅が一時1000円を超えた日経平均株価を示すボード=東京都中央区で2018年10月11日午後2時29分、手塚耕一郎撮影

 11日の東京株式市場は、米金利上昇や米中両国の貿易摩擦への懸念を背景にした米国市場での株価急落を受け、全面安の展開となった。日経平均株価は一時1000円以上急落し、前日終値比915円18銭安の2万2590円86銭で取引を終えた。終値で2万3000円を割り込むのは9月13日以来、約1カ月ぶり。アジアや欧州市場でも連鎖的に株価が下落し、世界同時株安の様相となっている。

 日経平均の下げ幅が900円を超えたのは、3月23日(974円13銭)以来約7カ月ぶりで、今年3番目…

この記事は有料記事です。

残り734文字(全文968文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定
  2. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  3. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  4. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  5. 北海道知事選に夕張市長擁立で調整 自民

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです