サウジ記者失踪

「王室の関与」米主要紙報道で広がる波紋

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
サウジアラビアのジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏=ロイター
サウジアラビアのジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏=ロイター

 【ワシントン会川晴之】サウジアラビアの反体制派ジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏(59)がトルコ・イスタンブールのサウジ領事館を訪問後に行方不明になった事件は、米主要紙が相次いでサウジ王室の関与を報じ波紋を広げている。

 米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は9日、カショギ氏は「王室最高レベル」の指示によって暗殺されたとトルコ治安当局幹部が結論付けたと報じた。サウジの最上級幹部だけが指示できる規模と複雑さであることから、「トップによる指示」と判断したとしている。

 一方、ワシントン・ポスト紙(電子版)は10日、米情報当局が傍受したサウジ政府当局者の会話を基に、同国のムハンマド皇太子が米国在住のカショギ氏をおびき出して帰国させ、拘束する作戦を指示していたと報じた。

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文721文字)

あわせて読みたい

注目の特集