メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ペルー

身柄拘束のケイコ氏、大統領選出馬困難の可能性も

上着で手錠を隠し、検察に入るケイコ・フジモリ人民勢力党党首(右)=ペルー・リマで10日、ペルー司法当局提供・AP

 【サンパウロ山本太一】南米ペルーの検察は10日、アルベルト・フジモリ元大統領(80)の長女で、最大野党「人民勢力党」のケイコ党首(43)を大統領選の政治資金集めを巡るマネーロンダリング(資金洗浄)容疑で身柄拘束した。ケイコ容疑者は2021年の大統領選立候補を目指しているが、出馬が困難になる可能性もある。

 ケイコ容疑者はツイッターに掲載した直筆の手紙で「父への恩赦が取り消され、今度は私たちが拘束された。…

この記事は有料記事です。

残り540文字(全文743文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ザギトワ選手おとがめなし 無免許運転の捜査終了
  2. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  3. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
  4. 2019参院選 選択の現場から/下 性的少数者支援 「多様な社会」どう実現 議論深化に当事者期待 /埼玉
  5. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです