メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ペルー

身柄拘束のケイコ氏、大統領選出馬困難の可能性も

上着で手錠を隠し、検察に入るケイコ・フジモリ人民勢力党党首(右)=ペルー・リマで10日、ペルー司法当局提供・AP

 【サンパウロ山本太一】南米ペルーの検察は10日、アルベルト・フジモリ元大統領(80)の長女で、最大野党「人民勢力党」のケイコ党首(43)を大統領選の政治資金集めを巡るマネーロンダリング(資金洗浄)容疑で身柄拘束した。ケイコ容疑者は2021年の大統領選立候補を目指しているが、出馬が困難になる可能性もある。

 ケイコ容疑者はツイッターに掲載した直筆の手紙で「父への恩赦が取り消され、今度は私たちが拘束された。…

この記事は有料記事です。

残り540文字(全文743文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」
  2. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  3. 寝屋川中1殺害 母親証人尋問「天真らんまんな優しい子」
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです