メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

保育無償化

給食費の扱い焦点に 政府「実費負担を」

現行の給食費の負担方法

 来年10月に始まる幼児教育・保育無償化を巡り、給食費(食材料費)の扱いが焦点となっている。現行の給食費は保護者負担だが、保育所では保育料の一部に組み込まれており、無償化で保育料がゼロになると、実費を取っている幼稚園との間で不公平が生じる。政府は給食費を無償化の枠外にして実費徴収したい考えだが、施設や保護者側から反発もあり、議論は紛糾しそうだ。

この記事は有料記事です。

残り887文字(全文1060文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 仙台市博物館 政宗の愛刀公開 ゲーム「刀剣乱舞」効果? 反響「普段の数十倍」 /宮城
  3. 武田・厚労省課長 韓国で逮捕 「韓国人嫌い」空港職員に暴行か
  4. 大分知事選 現職と新人の2氏が届け出
  5. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです