メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豊洲始動

息子に託す 廃業考えた仲卸、期待と不安

豊洲市場開場初日の営業を終え笑顔を見せる「ノジ喜代」の山崎博さん(左)と息子の雄介さん。築地で掲げていた看板の取り付けは間に合わなかった=東京都江東区で2018年10月11日午前11時41分、竹内紀臣撮影

 豊洲市場に築地から移転した水産仲卸「ノジ喜代」の専務、山崎雄介さん(35)は、11日の開場日を特別な思いで迎えた。一度は廃業を考えた3代目社長の父、博さん(69)に店を任せられ、扱う魚を変えることで売り上げを取り戻した。「自分が店を背負っていく」。市場とともに新たな一歩を踏み出した。

 「こっちのブリは安いけど、脂の乗りは抜群。絶対、最高」。午前6時、いつもより出足の早い客を出迎えた雄介さんが、丁寧に説明する。

 周辺の渋滞の影響で、本来なら店頭に並んでいるはずの魚が届かない。常連客の来店時間が読めず、慌ただし…

この記事は有料記事です。

残り742文字(全文999文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ピラミッド違法登頂が動画投稿で発覚 デンマーク人カップル裸で抱き合う姿も 
  2. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道
  3. 「拘置所でXmas」再逮捕ゴーン前会長の勾留状況に仏メディア批判的
  4. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  5. 日産 ゴーン前会長の名誉博士号、褒章どうする?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです