メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシア宇宙船緊急脱出

解説 ISSに影響避けられず

打ち上げられるソユーズロケット=カザフスタン・バイコヌール宇宙基地で2017年12月17日、酒造唯撮影

 打ち上げに失敗したロシアのソユーズロケットは、国際宇宙ステーション(ISS)に宇宙飛行士を運べる世界で唯一の手段だ。事故の原因究明のため、打ち上げは当面見送られると見られ、ISSの運用に影響が出るのは避けられない。

 ISSには通常6人の宇宙飛行士が滞在し、半年ごとに半数が交代している。宇宙滞在が長期に及ぶと無重力下の筋力低下や宇宙線による被ばくの影響が大きくなるためだ。現在滞在中の3人は今年12月に帰還予定で、それまでに交代要員を送れなければISSは無人になる可能性もあり、新素材の開発などさまざまな宇宙実験が滞ること…

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文656文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  3. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 大村知事「東京、大阪は医療崩壊」 吉村知事「根拠が不明」 会見、ツイートで応酬

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです