メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金閣寺

「未完の庭園」 鏡湖池南側に造営中の池跡

金閣(奥の建物)を囲む鏡湖池の南側にある「南池跡」の発掘現場(手前)=京都市北区の金閣寺で2017年6月13日、京都市埋蔵文化財調査研究所提供

 京都市北区の鹿苑寺(ろくおんじ)(金閣寺)は11日、金閣の前にある鏡湖池(きょうこち)(約6600平方メートル)の南側に広がる「南池跡」(約2300平方メートル)を発掘調査した結果、14世紀末ごろの築造とみられる建物の礎石が見つかり、池として水を張った痕跡がない「未完の庭園」の跡も確認されたと発表した。室町幕府三代将軍の足利義満(1358~1408年)が出家後に「北山殿」を造営した時期と重なり、義満が現存する建物群や池よりも大規模に造成し権力を誇示しようとしたとみられ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  2. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  3. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定
  4. 民放ラジオ縮小へ ワイドFM統合前提 民放連が要請方針
  5. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです