メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不審死

医師の妻、夫が痛み止め過剰投与か 北九州

 北九州市の開業医の夫(69)から痛み止めの薬剤を日常的に注射器で投与されていた女性が昨年春、自宅で死亡していたことが11日、捜査関係者への取材で分かった。死因は当初持病の心疾患に起因するものとされたが、死亡の経緯に不審な点があり、過剰投与の場合死亡する可能性があることから、福岡県警は夫から経緯を聴取。薬剤や注射器も押収し、事件性の有無を調べている。

 捜査関係者らによると、夫婦は市内のマンションで暮らし、女性は背中の痛みを訴えていた。昨年4月ごろ、…

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文512文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
  2. 今どきの歴史 世界遺産候補 百舌鳥・古市古墳群(大阪府) 悩ましき被葬者論争
  3. 強盗 現金5100万円奪われる 顔面に液体塗りつけられ
  4. 事故 バイク3台転倒、男女6人死亡2人重傷 奈良の国道
  5. 消費増税 19年10月から10% 安倍首相 閣議で表明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです