メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神

最下位の原因は打撃の低調に 金本監督辞任へ

 「今季こそ」の思いでシーズンに臨んだ阪神の金本知憲監督だったが、最下位に沈んだ原因は打撃の低調にあった。4番として期待した新外国人ロサリオは打撃不振で終盤は2軍暮らし。けが人も続出し、得点力不足は深刻だった。

 「育てながら勝つ」と積極起用を試みた若手も伸び悩んだ。2年目の大山、昨季20本塁打の中谷、一昨年新人王の高山らは好機で凡退が目立ち、主力に定着した…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文448文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 首相、全国の緊急事態宣言解除を発表 「世界的に厳しい基準をクリアした」

  3. 森法相、黒川氏訓告は「法務・検察で判断」 官邸主導の一部報道を否定

  4. エンタメノート リアリティー「風」番組と匿名中傷の悲劇 女性レスラー急死の教訓

  5. 内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです