メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神

最下位の原因は打撃の低調に 金本監督辞任へ

 「今季こそ」の思いでシーズンに臨んだ阪神の金本知憲監督だったが、最下位に沈んだ原因は打撃の低調にあった。4番として期待した新外国人ロサリオは打撃不振で終盤は2軍暮らし。けが人も続出し、得点力不足は深刻だった。

 「育てながら勝つ」と積極起用を試みた若手も伸び悩んだ。2年目の大山、昨季20本塁打の中谷、一昨年新人王の高山らは好機で凡退が目立ち、主力に定着した…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文448文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. 比例代表、れいわ2人目当選 重度身障者の木村さん
  4. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  5. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです