メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神

最下位の原因は打撃の低調に 金本監督辞任へ

 「今季こそ」の思いでシーズンに臨んだ阪神の金本知憲監督だったが、最下位に沈んだ原因は打撃の低調にあった。4番として期待した新外国人ロサリオは打撃不振で終盤は2軍暮らし。けが人も続出し、得点力不足は深刻だった。

 「育てながら勝つ」と積極起用を試みた若手も伸び悩んだ。2年目の大山、昨季20本塁打の中谷、一昨年新人王の高山らは好機で凡退が目立ち、主力に定着したのは今季全試合出場を続ける2年目の糸原くらい。金本監督は「選手一人を育てるのが、これだけ大変かと。伸び悩んでいるのは我々の責任」と話したが、投打ともにベテラン頼みの構図は最後まで変わらなかった。

 続投方針だった球団も後任の選定が急務となった。今季ファーム日本一に導いた矢野燿大2軍監督のほか、前2軍監督の掛布雅之オーナー付シニアエグゼクティブアドバイザー、岡田彰布元監督らが次期候補に挙がるが、揚塩球団社長は「(選定は)これから。早急に進めたい」と話すのみ。金本式改革は志半ばに終わり、チームの再建にはまだ時間がかかりそうだ。【村社拓信】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 観光 北アルプス新たに「黒部ルート」 24年に一般開放
  2. 赤痢菌 宿坊で42人感染 湯葉刺しなど食べる 山梨 
  3. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック
  4. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  5. ORICON NEWS 元祖プレイボーイ・火野正平に見る、芸能人モテ男のスマートな“火消し術”

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです