メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジアパラ

バドミントン女子 鈴木が銀以上確定

【アジアパラ大会・バドミントン】女子シングルス(上肢障害SU5)でスマッシュを放つ鈴木亜弥子=インドネシア・ジャカルタで2018年10月11日、久保玲撮影

 ジャカルタ・アジアパラ大会のバドミントン女子シングルス(上肢障害SU5)のリーグ戦で鈴木亜弥子(七十七銀行)が世界ランキング1位の貫禄を見せて香港選手に勝ち、銀メダル以上を確定させた。「金メダルを取り、選手団の成績に貢献したい」と笑みを浮かべた。

 脚運びの速さやショットの精度など全てで上回った。1ゲーム目を8連続得点などで奪って勢いづき、ストレート勝ち。20分足らずで試合を終わらせ、風格を漂わせた。

 埼玉県出身の31歳。先天性の機能障害で右腕の動きに制限がある。小学3年で競技を始め全国高校総体に出…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 秋田犬 勝大デビュー ザギトワの「マサル」ときょうだい
  4. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  5. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです