メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

知られざる中・東欧

マケドニア国民投票 落胆する少数民族・アルバニア人

アルバニア人が多く住むマケドニアの首都スコピエの旧市街=2018年9月27日、三木幸治撮影

 「北マケドニア」への国名変更の是非を問う東欧マケドニアの国民投票が9月30日に実施された。賛成票は91.5%に達したものの、投票率は36.9%にとどまり、憲法上の成立要件(50%)を大幅に下回って不成立となった。

 マケドニアは1991年に旧ユーゴスラビア連邦から独立して以降、国名を巡って27年間にわたって隣国のギリシャと対立してきた。そして両政府は今年6月、初めてマケドニアの国名を変更することで合意に達した。国名変更が実現すれば、ギリシャによって阻止されてきた北大西洋条約機構(NATO)と、欧州連合(EU)へのマケドニア加盟の道が開けるはずだった。

 国名変更には議会の3分の2の支持を得た憲法改正が必要だ。国民投票は「参考」扱いだが、議会審議に大き…

この記事は有料記事です。

残り2304文字(全文2632文字)

三木幸治

ウィーン支局特派員。1979年千葉県生まれ。2002年毎日新聞社入社。水戸支局、東京社会部、中部報道センター、外信部を経て16年春から現職。中・東欧諸国とウィーンの国連、核問題などを担当。Twitter:@KojiMIKI5

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  2. 第91回選抜高校野球 きょう開幕 父追い、聖地に一歩
  3. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断
  4. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  5. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです