メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デーリー通信

(23)分裂する米国、広がる「部族」主義

カバノー氏の最高裁判事承認に反対する抗議集会で声を上げる女性ら=米ロサンゼルス市庁舎前で2018年9月28日、ルーベン・モナストラ撮影

 分断の広がるトランプ大統領の米国で、頻繁に耳にするようになった言葉がある。一つはpolarize(分裂する、二極化する)で、もう一つはtribal(部族の)だ。後者に関連し、tribe(部族)やtribalism(部族主義)という単語もよく聞く。まるで部族対立のように異なる考えを持つグループを許容できない米国社会の分裂ぶりを表す時に使う。「反トランプ」か「親トランプ」か。異なる「部族」に属することで、家族や友人を失ったという話も珍しくない。そんな部族化する分裂社会に嘆き、動揺している人も多いと感じる。中間選挙を11月に控えて党派対立がさらに深まる中、米国人はどう感じているのか。彼らの声を紹介する。

 時事ニュースを討論するカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)のシニア向け公開講座。正反対の意見が出るとため息が漏れ、互いが歩み寄ることはない。白人男性が思わず嘆いた。「長年、討論の講座に参加していますが、かつてはこれほど分断されていませんでした」。講師の女性、ミルナ・ハントさんが諭す。「皆さん、同意しなくてもいいけれど、少なくとも話を聞きましょう」

この記事は有料記事です。

残り2485文字(全文2967文字)

長野宏美

2003年入社。水戸支局、社会部、ロサンゼルス支局を経て2019年から東京社会部。2008年の北京五輪を現地で取材した。元プロテニスプレーヤーで、1995年全日本選手権シングルス3位、ダブルス準優勝。ウィンブルドンなど4大大会にも出場した。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 南西諸島でゴキブリ新種見つかる 国内で35年ぶり 多様性解明に一歩近づく

  2. 大学爆破予告容疑で阪大院生を再逮捕 「恒心教」名乗り繰り返す? 警視庁

  3. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  4. 三菱重工広島が初回に2点先制 松永、松原が連続適時二塁打 都市対抗

  5. 東京都、飲食店などに時短要請へ 25日午後5時からの記者会見で公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです