メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デーリー通信

(23)分裂する米国、広がる「部族」主義

カバノー氏の最高裁判事承認に反対する抗議集会で声を上げる女性ら=米ロサンゼルス市庁舎前で2018年9月28日、ルーベン・モナストラ撮影

 分断の広がるトランプ大統領の米国で、頻繁に耳にするようになった言葉がある。一つはpolarize(分裂する、二極化する)で、もう一つはtribal(部族の)だ。後者に関連し、tribe(部族)やtribalism(部族主義)という単語もよく聞く。まるで部族対立のように異なる考えを持つグループを許容できない米国社会の分裂ぶりを表す時に使う。「反トランプ」か「親トランプ」か。異なる「部族」に属することで、家族や友人を失ったという話も珍しくない。そんな部族化する分裂社会に嘆き、動揺している人も多いと感じる。中間選挙を11月に控えて党派対立がさらに深まる中、米国人はどう感じているのか。彼らの声を紹介する。

 時事ニュースを討論するカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)のシニア向け公開講座。正反対の意…

この記事は有料記事です。

残り2614文字(全文2967文字)

長野宏美

2003年入社。水戸支局、社会部、外信部を経て2015年4月から現職。社会部時代は警察庁や裁判員裁判などを担当。2008年の北京五輪を現地で取材した。元プロテニスプレーヤーで、1995年全日本選手権シングルス3位、ダブルス準優勝。ウィンブルドンなど4大大会にも出場した。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  3. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです