メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新潮45」問題を考える

「杉田氏に対話呼びかけたかった」擁護特集に寄稿した元参院議員、松浦大悟さん

「新潮45」にLGBT当事者として論文を寄せたことについて語る松浦大悟元参院議員=東京都千代田区で2018年9月30日、梅村直承撮影

 ゲイであることをカミングアウト(公表)している元参院議員、松浦大悟さん(49)の元に「新潮45」の編集部から原稿依頼の電話があったのは、8月中旬だった。LGBTを含む性的少数者に「生産性がない」と寄稿した自民党の杉田水脈衆院議員に対する批判が激しさを増していた頃だ。杉田氏を擁護する特集「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」を組み、事実上の最終号となった10月号に、当事者として「特権ではなく『フェアな社会』を求む」というタイトルの寄稿をした松浦さんに真意を聞いた。【聞き手・佐藤丈一/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2043文字(全文2300文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 繁華街に出没のサルを捕獲 福岡・天神

  2. 全国高校ラグビーの組み合わせ決定 王者・桐蔭学園は茗渓学園と対戦

  3. 間もなく帰還「はやぶさ2」 持ち帰る岩石は検疫しなくても大丈夫?

  4. GoToトラベルの割引縮小はGW以降で検討 国交相

  5. 沖縄は復帰後も不条理強いる「反憲法下」 照屋寛徳氏の社民党への「遺言」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです