メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新潮45」問題を考える

「杉田氏に対話呼びかけたかった」擁護特集に寄稿した元参院議員、松浦大悟さん

「新潮45」にLGBT当事者として論文を寄せたことについて語る松浦大悟元参院議員=東京都千代田区で2018年9月30日、梅村直承撮影

 ゲイであることをカミングアウト(公表)している元参院議員、松浦大悟さん(49)の元に「新潮45」の編集部から原稿依頼の電話があったのは、8月中旬だった。LGBTを含む性的少数者に「生産性がない」と寄稿した自民党の杉田水脈衆院議員に対する批判が激しさを増していた頃だ。杉田氏を擁護する特集「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」を組み、事実上の最終号となった10月号に、当事者として「特権ではなく『フェアな社会』を求む」というタイトルの寄稿をした松浦さんに真意を聞いた。【聞き手・佐藤丈一/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2043文字(全文2300文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. マンモス細胞核に生命現象 分裂初期の動きを観察
  3. TOHOシネマズ入場料100円値上げ 人件費増が要因 レディースデイも
  4. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演
  5. ジャングルジム5歳焼死 運営者ら6人書類送検 業務上過失致死傷容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです