メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
「新潮45」問題を考える

「杉田氏に対話呼びかけたかった」擁護特集に寄稿した元参院議員、松浦大悟さん

「新潮45」にLGBT当事者として論文を寄せたことについて語る松浦大悟元参院議員=東京都千代田区で2018年9月30日、梅村直承撮影

 ゲイであることをカミングアウト(公表)している元参院議員、松浦大悟さん(49)の元に「新潮45」の編集部から原稿依頼の電話があったのは、8月中旬だった。LGBTを含む性的少数者に「生産性がない」と寄稿した自民党の杉田水脈衆院議員に対する批判が激しさを増していた頃だ。杉田氏を擁護する特集「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」を組み、事実上の最終号となった10月号に、当事者として「特権ではなく『フェアな社会』を求む」というタイトルの寄稿をした松浦さんに真意を聞いた。【聞き手・佐藤丈一/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2043文字(全文2300文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 「いじめ許さない、と司法のメッセージを」大津中2自殺訴訟控訴審で遺族訴え

  5. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです