メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日希望奨学金チャリティー公演

がんばろう日本!スーパーオーケストラ 2019年3月1日、サントリーホールで

がんばろう日本!スーパーオーケストラ 毎日希望奨学金チャリティーコンサートのフィナーレで「ふるさと」を合唱する演奏者ら=東京都港区赤坂のサントリーホールで2018年3月6日、松田嘉徳撮影

[PR]

震災遺児を応援するため全国各地で活躍する演奏家有志が再び結集!

 東日本大震災の直後から毎年開催しているチャリティー公演「がんばろう日本!スーパーオーケストラ」を2019年3月1日に開催します。

 2011年5月にスタートして、今回で9回目。全国各地の交響楽団などで活躍する演奏家有志が集まって一夜限りの楽団を結成し、力を込めた演奏で、震災で保護者を亡くした子どもたちを応援します。

 今回、夢の楽団と競演するのは、ヴァイオリニストの木嶋真優さん。期待の若手実力派です。このコンサートの発起人の一人でもある高関健さんが再び指揮を執り、ブラームスの協奏曲のほか、ドヴォルザークの交響曲を披露します。被災地への熱い思いを奏でる調べに、どうぞご期待ください。

 会場では、震災遺児の学業継続や、高校・大学への進学を支援する「毎日希望奨学金」の募金活動を行います。

【「がんばろう日本!スーパーオーケストラ」毎日希望奨学金チャリティーコンサート】

<日時>

2019年3月1日(金)午後7時開演(同6時半開場)

<会場>

サントリーホール(東京都港区赤坂1の13の1、地下鉄・六本木一丁目、溜池山王下車)

<出演>

指揮:高関健

ヴァイオリン:木嶋真優

管弦楽:がんばろう日本!スーパーオーケストラ

コンサートマスター:小森谷巧(読売日本交響楽団コンサートマスター)

司会:小森谷徹

<曲目>

ブラームス:悲劇的序曲作品81

ブラームス:ヴァイオリン協奏曲ニ長調作品77

ドヴォルザーク:交響曲第8番ト長調作品88

※曲目は変更になる場合があります。

<チケット>

全席指定3800円(税込み。未就学児入場不可)

イープラス(http://eplus.jp/gambaro/)

サントリーホールチケットセンター(電話0570・55・0017)

ローソンチケット(電話0570・000・407、Lコード33732)

チケットぴあ(電話0570・02・9999、Pコード132-123)

10月19日より各プレイガイドで先行発売、10月26日より一般発売です。

<問い合わせ>

毎日新聞社事業本部(電話03・3212・0804、平日10~18時)

テンポプリモ(電話03・3524・1221、平日10~18時)

主催:毎日新聞社

特別協力:伊藤忠商事、キリン、グリー、大成建設、東日印刷、ネスレ日本

協力:特定非営利活動法人クウォーター・グッド・オフィス

指揮・高関健 (C)Stas Levshin

指揮:高関 健

 国内はもちろん海外への客演も多く、2013年2月と17年4月にはサンクトペテルブルグ・フィル定期演奏会を指揮、聴衆や楽員から大絶賛を受けた。オペラでは新国立劇場公演「夕鶴」、大阪カレッジオペラ「ピーター・グライムズ」などで好評を博し、ピエール・ブーレーズ、ミッシャ・マイスキー、イツァーク・パールマンをはじめとする世界的ソリスト、特にマルタ・アルゲリッチからは3回の共演を通じてその演奏を絶賛されるなど絶大な信頼を得ている。

 現在、京都市響常任首席客演指揮者、東京シティ・フィル常任指揮者、仙台フィルレジデント・コンダクター、静岡響ミュージック・アドヴァイザー。これまでに広島響音楽監督・常任指揮者、新日本フィル正指揮者、大阪センチュリー響常任指揮者、群馬響音楽監督、札幌響正指揮者などを歴任。

 この公演の直後には、ウラジオストクとサンクトペテルブルグで『ロシアにおける日本年』の一環としてオペラ「夕鶴」公演を指揮する。

オフィシャル・ホームページ http://www.japanarts.co.jp/artist/KenTAKASEKI

ツイッター https://twitter.com/KenTakaseki

ヴァイオリン・木嶋真優 (C)TANKA.

ヴァイオリン:木嶋 真優

 2016年第1回上海アイザック・スターン国際ヴァイオリン・コンクールにて優勝。

 00年第8回ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリン・コンクール・ジュニア部門にて日本人として最年少で最高位を受賞。11年ケルン国際音楽コンクールのヴァイオリン部門で優勝。15年秋にはケルン音楽大学大学院を満場一致の首席で卒業し、ドイツの国家演奏家資格を取得。

 レコーディングは、ウラディーミル・アシュケナージから強い推薦を受け、「アシュケナージ&NHK交響楽団」の“ツィガーヌ”に参加。そのほかソロCDは「シャコンヌ」、「Rise」をリリース。

現在日本とヨーロッパに拠点を置き、リサイタル、オーケストラとの共演、室内楽など幅広く活動を行なっている。02年度文化庁海外派遣研修員。

 使用楽器は、ストラディバリウス1700年製 Ex Petri( 上野隆司博士より貸与)

オフィシャル・ホームページ http://www.japanarts.co.jp/artist/MayuKISHIMA

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. シャープ旧本社跡地にニトリ出店

  2. 桜を見る会 首相推薦1000人 昭恵氏分も 自民関係者のものが4割占める

  3. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  4. 木下優樹菜が活動自粛 タピオカ店に暴言騒動「仕事ができる状態ではない」(スポニチ)

  5. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです