メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新芸」とその時代

(49)幻のホロヴィッツ来日公演

1983年に初来日したホロヴィッツ夫妻=成田空港で6月2日撮影

 「クラシック音楽界の超大物 ホロヴィッツの来日確実」。こんな特ダネ記事が読売新聞に載ったのは1975年7月4日のことだった。世界の大物音楽家が続々と日本を訪れる中、来日不可能とまでいわれていた「幻のピアニスト」、ウラディミール・ホロヴィッツ(1903~89年※04年生まれとの説もある)の来日が実現すれば、まさに「大事件」である。

 同紙が「来日確実」の根拠として挙げたのが、ホロヴィッツの妻ワンダが、マネジャーのハロルド・ショウと…

この記事は有料記事です。

残り2805文字(全文3021文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  3. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  4. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  5. 特集ワイド 新たな政界再編必要、真紀子節炸裂 私は「引退する」とは言ってない

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです