メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新芸」とその時代

(49)幻のホロヴィッツ来日公演

1983年に初来日したホロヴィッツ夫妻=成田空港で6月2日撮影

 「クラシック音楽界の超大物 ホロヴィッツの来日確実」。こんな特ダネ記事が読売新聞に載ったのは1975年7月4日のことだった。世界の大物音楽家が続々と日本を訪れる中、来日不可能とまでいわれていた「幻のピアニスト」、ウラディミール・ホロヴィッツ(1903~89年※04年生まれとの説もある)の来日が実現すれば、まさに「大事件」である。

 同紙が「来日確実」の根拠として挙げたのが、ホロヴィッツの妻ワンダが、マネジャーのハロルド・ショウと…

この記事は有料記事です。

残り2805文字(全文3021文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京王線、小田急多摩線が一時運転見合わせ 沿線で火災
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  4. 京アニ火災 33人の死亡確認 平成以降最悪 第1スタジオ、18日朝はセキュリティー解除
  5. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです