メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プレスリリース

本格的な水拭きができるオズモシリーズに薄型デザインDEEBOT OZMO SLIMが新登場!(共同通信PRワイヤー)

情報提供:共同通信PRワイヤー

プレスリリースページの情報について



10月12日

エコバックスジャパン株式会社

本格的な水拭きと吸引が同時に可能なOZMO(オズモ)シリーズに
薄型設計のDEEBOT OZMO SLIM(ディーボット オズモ スリム)が新発売

本格的な水拭きができるオズモシリーズに薄型デザインDEEBOT OZMO SLIM(ディーボットオズモ スリム)が新登場。DEEBOT OZMO SLIM10を2018年10月26日より発売します。

【動画: https://youtu.be/Z3duOY7IKqo





エコバックスジャパン株式会社(東京都新宿区西新宿)は、本格的な水拭きと吸引清掃が同時に可能な1台2役のロボット掃除機OZMO(オズモ)シリーズから、5.7センチの薄型設計DEEBOT OZMO SLIM10(ディーボット オズモ スリム10)を発売します。

本製品は家具の下のお掃除しにくい狭い部分も清掃可能な、高さわずか5.7センチの薄型設計となっています。薄型でありながら、吸引力を2段階に変更でき、ハードフロアクリーニングモードで一列ずつ隅から隅まで効率的にお掃除します。
また、他のDEEBOT OZMO シリーズと同様に、掃きと吸引だけでなく弊社独自のオズモモップシステム搭載で本格的な水拭きも同時に行えます。
当社は、今後も多様なライフスタイルに合わせた製品の研究、開発に励み、快適で清潔な暮らしを提供していきます。

<特長>
1. 薄型設計で家具の下も簡単に入り込み塵やほこりをお掃除
2. エコバックス独自開発の本格水拭きオズモモップシステム搭載
3. 部屋中を隅から隅までお掃除するハードフロアクリーニングモード

【問い合わせ先】
エコバックスお客様相談センター フリーダイヤル:0120-539-639(平日9時~18時)
エコバックスジャパン株式会社 TEL:03-6908-7683 / FAX:03-6908-7815
広報関連:水田 (Chiharu.Mizuta@ecovacs.com)



【主な特長】
1. 薄型設計で家具の下も簡単に入り込み塵やほこりをお掃除

本体厚さわずか5.7センチの薄型設計を実現。脚の低い家具も簡単に入り込むことが可能です。ベッドやテレビボード等の家具の下はゴミやほこりが溜まりやすいですが、従来の掃除機やロボット掃除機でも、どうしても掃除が行き届かない場所です。DEEBOT OZMO SLIMは高さわずか5.7cmの薄型設計で家具の下にも簡単にもぐり込めるので、通常の掃除機では対応できなかった届きにくい場所の奥深いゴミや汚れまで簡単に綺麗にすることができます。


2.エコバックス独自開発の本格水拭きオズモモップシステム搭載

タンクに入れた水をポンプで吸い上げ、水量を調節して水拭きを行える当社独自開発のモップシステムOZMOを搭載しています。常に一定の水量を正確に出し続けるので、床の状況に合わせて水量を調節して水拭きを行うことができるので掃きと吸引清掃だけでなく、水拭きまで一度に同時に行うことで、お掃除中に舞い上がった細かい塵やほこりも拭き取り、床のざらつきやべたつきもすっきりお掃除します。


3.部屋中を隅から隅までお掃除するハードフロアクリーニングモード

床面を規則正しく一列ずつ隅から隅まで行うハードフロアクリーニングモードでお掃除することで、ゴミの取りこぼしを削減します。また効率的なコースでお部屋全体を規則正しく往復しながら動くので、往復動作による無駄が軽減され、短時間で徹底したお掃除を行います。


4.お部屋の状況に合わせて切り替え可能な吸引方式

お部屋の状況に合わせて2 パターンの吸引力を変更できる機能が搭載されています。
標準の吸引力では静音性の高いお掃除を行い、吸引力を強くすると、さらに強力なお掃除が可能になります。


5.その他

・髪の毛やペットの毛が絡まりにくいダイレクト吸引で、メンテナンスが簡単
・通常のオート清掃モードの他、壁際清掃モードと一定の場所を集中的にお掃除するスポットモードの3つの清掃モードで、お部屋の隅々まで綺麗に清掃
・スマホでお掃除設定可能
・AIスピーカー対応
・リモコン操作可能


【製品仕様】
製品名:DEEBOT OZMO SLIM10
型番:DK3G
カラー:ダークグレー
ダストボックス:300ml
水タンク:180ml
最長稼働時間:100分
本体重量:2kg
充電時間:4時間
本体寸法:310×310×57mm
JANコード:4589914861168
希望小売価格:オープン(市場想定売価:34,800円(税抜))
発売日:2018年10月26日



エコバックスロボティクスは家庭用ロボット開発を10年行ってきたリーディングブランドです。

エコバックスロボティクスは、窓用ロボット掃除機『WINBOT(ウィンボット)』、床用ロボット掃除機『DEEBOT(ディーボット)』、自走式のロボット空気清浄機『ATMOBOT(アトモボット)』の開発・製造・販売を行っております。
窓用ロボット掃除機『WINBOT(ウィンボット)』では、静音設計の窓に添えるだけで張り付き自動でお掃除してくれるWINBOT 850、WINBOT 950を発売。
床用ロボット掃除機『DEEBOT(ディーボット)』では、LDSでお部屋の形状を把握してスマホに連動するDEEBOT R95や集めたゴミをハンディ掃除機へ自動回収するDEEBOT R98、ゴミの吸引と同時に本格的な水拭きも行うDEEBOT OZMO(オズモ)シリーズの発売など今までにない技術やアイディアで沢山の方々にご愛用いただいております。
エコバックスは日々研究を行っており、テクノロジーの面ではスマート・ドライブ システムやスマート・クリーニング・モップ システム等の特許技術を取得し、デザインの面ではグッドデザイン賞や世界のデザインアワードで有名なレッドドットアワードプロダクトデザイン賞等を受賞しました。その他、2018年度CESでは、バッテリーで稼働する窓用ロボット掃除機 WINBOT が、HOME APPLIANCES でイノベーションアワードを受賞しました。
今後もエコバックスは、技術・デザイン等時代の先端をリードしていくメーカーとして革新を続けます。
会社概要 http://www.ecovacs-japan.com/about/


情報提供:共同通信PRワイヤー

プレスリリースページの情報について

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  2. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 女性刺殺事件、直前の容疑者写真公開 グレーのハーフコート、新潟駅周辺で撮影

  5. 日本が初優勝 プレミア12、前回覇者韓国に逆転勝利 山田哲3ラン

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです