メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神

矢野2軍監督 金本監督“辞任”に「悔しさ分かる」(スポニチ)

フェニックス・リーグ 阪神15-0韓国・ハンファ(2018年10月11日 日向)

 宮崎フェニックス・リーグで指揮を執る阪神・矢野2軍監督はこの日の韓国・ハンファ戦後に「決断をどうこうは言えない。悔しさも分かる」と話した上で「俺にも責任がある」と続けた。

     同じ68年生まれの金本監督とは、東北福祉大で共にプレーし、指揮官の2年目までは作戦兼バッテリーコーチを務めた。かねて「2年間1軍のベンチにいて金本監督の求める野球、選手が分かる。野球観は似ている」と話す。金本監督が推し進めてきた「超変革」も継承できる。(スポニチ)

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
    2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
    3. 札幌で雪 冬に逆戻り 24日まで気温低く
    4. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
    5. 佳子さま 「結婚は当人の気持ち重要。姉の希望かなう形に」 宮内記者会の質問回答全文

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです