メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

はばたけ、幻のハト 小笠原諸島の絶滅危惧種 天敵ノネコ捕獲、1000羽まで復活

日が沈む15分ほど前、南崎への遊歩道の入り口で木の枝に飛び乗ったアカガシラカラスバト=東京都小笠原村母島で

 世界自然遺産・小笠原諸島(東京都小笠原村)で、絶滅危惧種であるアカガシラカラスバトの目撃情報が増えている。一時は数十羽まで減ったとされた“幻の鳥”が、最近は人里にも出現。国・村の保護事業や、島民らによる自主ルールが奏功した形だが、まだ「一進一退」(環境省)の状態だ。完全復活なるか。【荒木涼子】

 ガサッ、ガサッ--。南の島らしい強い日が差す9月22日昼下がり、小笠原諸島・母島の南端、南崎への遊歩道で、自分の足音とは別の、落ち葉がすれる音が聞こえた。目線を上げるとハトが1羽、2メートルほど先を歩いていた。ハトは数秒、足を止めてこちらを眺めたが、すぐに地面にある木の実に視線を落とした。

 このハトは国の天然記念物で小笠原諸島だけに生息する絶滅危惧種のアカガシラカラスバト。成鳥の体長は約…

この記事は有料記事です。

残り843文字(全文1187文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  2. 立憲候補ポスター板ごと切り取り 陣営「あげたのに…」 兵庫県警捜査
  3. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  4. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  5. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです