メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジアパラ大会

2018・ジャカルタ 知的障害、スター求む 日本関係者「注目度高めたい」

女子200メートル自由形(知的障害S14)で優勝し、声援に応える北野=インドネシア・ジャカルタで7日、久保玲撮影

 【ジャカルタ谷口拓未】アジアパラ大会は13日夜、8日間の日程を終え、ジャカルタ市内のブンカルノ競技場で閉会式が行われる。今大会、日本は金メダル41個を含む計179個のメダルを獲得(12日現在)し、いずれも前回大会を上回った。知的障害の若手選手もメダル獲得に貢献しており、関係者は「2020年東京パラリンピックに向け、育成を進めたい」としている。

 今大会の日本選手団304人のうち38人が知的障害の選手で、競泳や陸上、卓球に出場した。競泳では北野…

この記事は有料記事です。

残り476文字(全文699文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  2. ORICON NEWS 窪田正孝&水川あさみが結婚 正式発表「にぎやかで面白い家庭を」[コメント全文]

  3. 松井・大阪市長の処理水発言に、近隣県知事らが異論

  4. 沖澤のどかさん、ブザンソン指揮者コン優勝 小澤征爾さんや佐渡裕さん輩出

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです