特集

西日本豪雨

「平成最悪の豪雨被害」をもたらした西日本豪雨。広い範囲で土砂崩れや河川の氾濫が多発し、甚大な被害となった。

特集一覧

西日本豪雨

派遣県職員が報告会 活動ポイントや教訓語る /神奈川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 7月の西日本豪雨の被災地に派遣された県職員らの報告会が12日、県庁であった。今後の県での災害対策に生かそうと、各局から職員が集まった。県内5会場でも中継され、避難所運営や応急仮設住宅の建設などに従事した職員が、活動のポイントや教訓を語った。

 県は7月7日から、被災地の岡山や愛媛に県警や消防を含め249人を派遣。現在も2人を派遣している。危機管理対策課の伊藤正規主査(38)は7月10~16日、岡山県高梁市役所などで、避難者名簿の作成や救援物資の仕分けといった避難所運営支援、被災者への罹災(…

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文619文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集