メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外国人労働者

新在留資格 数十万人規模

 厚生労働省によると、日本で働く外国人労働者は年々増え続け、昨年10月末時点で過去最多の約127万9000人。2008年の約48万6000人から2・6倍以上に増えた。ただ、正式に労働者として受け入れているのは、高度な専門人材のみ。本来は技術の習得が目的の技能実習生や、留学生のアルバイトが人手不足を補っている実態がある。

 外国人労働者を在留資格別に見ると、永住者や日本人の配偶者といった身分に基づく資格が約45万9000…

この記事は有料記事です。

残り205文字(全文415文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 20代女性を窃盗容疑で誤認逮捕 松山東署、2日後に釈放
  4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  5. 東海道新幹線の全区間、一時運転見合わせ 静岡で大雨

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです