メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

天皇即位の儀式 平成踏襲、実務急ぐ 政権、憲法論議回避も狙い

今後予定されている代替わりの儀式

 天皇の代替わりを巡り、政府は12日に安倍晋三首相を委員長とする式典委員会を設置し、儀式の詳細に関する本格的な検討を始めた。ただ、基本方針は「平成への代替わりを踏襲する」と既に決まっており、一連の儀式と現憲法の整合性を巡る議論にはならない見通しだ。検討課題は儀式の簡素化などに限られそうだ。【野口武則、高島博之】

 「式典は平成を踏襲しつつ、今の時代に即したものとする必要がある。検討すべき事項は警備や外国使節の受…

この記事は有料記事です。

残り2121文字(全文2327文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  2. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
  3. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  4. ファーウェイ排除、中国世論沸騰 習主席は「持久戦」呼びかけ
  5. 丸山穂高氏、自民弁明要求に「体調不良で欠席」連絡 「女」発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです