メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国民投票法

CM規制、与野党対立 改憲論議の火種に

憲法改正の国民投票に関するテレビCM規制に対する立場

 憲法改正の国民投票で改憲案への賛否を呼びかけるテレビCM規制を巡り、与野党が対立している。自民党は規制強化に消極的だが、立憲民主党などは法改正の検討を含めて規制強化を要求。安倍晋三首相は24日召集の臨時国会で改憲論議の加速を目指すが、それに先立つCM規制を巡る論議が新たな火種になりそうだ。【田中裕之、村尾哲】

 「公平なルールを確立して国民の健全な意見が醸成されるのが非常に重要なポイントだ」。公平なCM放映のルールを議論する超党派議員連盟の船田元会長(自民)は12日、国会内で開いた日本民間放送連盟との意見交換会であいさつし、業界側の自主的なルール作りに期待感を示した。

この記事は有料記事です。

残り603文字(全文890文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  2. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

  3. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  4. 安倍首相「長期戦の覚悟を」「気を緩めれば急拡大」「現金給付行う」 新型コロナで記者会見

  5. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです