G20財務相会議

閉幕 「米第一主義」に敗北 利害調整、機能低下鮮明に

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
貿易や資金流出を巡る構図
貿易や資金流出を巡る構図

 世界同時株安に見舞われる中で開かれたG20財務相・中央銀行総裁会議。米国発の「貿易戦争」と「金利上昇」という世界経済の2大リスクへの対応が焦点だったが、トランプ米政権の「自国第一主義」の前に何の打開策も打ち出せなかった。

 「G20は貿易摩擦の議論の場を提供できるが、解決は当事国間でなされるべきだ」。議長国アルゼンチンのドゥホブネ財務相は12日の会議閉幕後の記者会見でこう述べた。世界株安の一因となったトランプ米政権が仕掛ける貿易戦争への対応でなすすべがないG20の無力感をうかがわせた。

 G20財務相は前回(7月)の共同声明で貿易戦争について「(収拾に向けた)対話と行動を強化する」と表明した。だが、米国はその後も中国製品に追加関税を課す制裁措置を拡大。中国側も、報復関税で対抗している。

この記事は有料記事です。

残り949文字(全文1295文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集