メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

「生涯現役」には多彩なメニューを=中央大教授・宮本太郎

 生命保険の広告などでさかんに「人生100年時代」が来たといわれるが、わくわくする人は少なかろう。老後の生活設計には誰しも頭を抱えるからだ。

 政府は、高齢者が働き続けるよう制度改正への議論を開始した。具体的には、現在の高年齢者雇用安定法が65歳までの雇用継続を企業に義務づけているのに対して、70歳まで雇用継続の引き上げを図る。年金を70歳から受給すれば65歳からの給付に比べて42%増額されるが、こうした選択をしている人は1%程度だという。70歳支給開始への道筋を作るというのが政府の狙いだろう。

 だが、同じ会社で大きく減額された給与で70歳まで働き続けることは、ほんとうに皆が望むことであろうか。70歳で退社して地域に戻り、新しいつながりを作れるであろうか。「人生100年時代」の可能性を生かすには、もっと多彩なメニューが提示されるべきではないか。

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文692文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 武田真治、インフルエンザ感染 ミュージカル『パレード』当面休演

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 「分断」につけこむロシアの情報戦 小泉悠氏が警告する日本の「甘さ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです