メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

箸袋で折った「ほかけぶね」(前列左)と「龍」(同右)。後列3点が「伝承 五角結びの星」=和田大典撮影

 割り箸や祝い箸を包んでいる箸袋を使った折り紙が、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などで話題を呼び、海外からも注目されている。日本ならではの箸袋が折り紙文化と結びつき、デザインと形の掛けあわせでさまざまな「作品」ができる。その魅力とは--。

 ●「日本のチップ」

 星や鳥、ウサギ、犬、猫、クワガタ……インスタグラムやツイッターには箸袋で折られた多数の作品が投稿されている。クラゲやイカ、クリスマスツリーなど凝ったものも。ハートなどの基本形でもバリエーションは多彩で、同じ折り方でも箸袋のサイズや色や柄によってひと味違ったものになる。

 ブームの火付け役となったのは京都府亀岡市の福祉施設職員、辰巳雄基さん(28)だ。美大生だった頃、居…

この記事は有料記事です。

残り1337文字(全文1660文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  2. 震源は「日本海東縁ひずみ集中帯」 逆断層型、繰り返し発生 新潟震度6強
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  5. 防災なるほドリ 帰れなくなったらどうしたらいいの?=回答・金森崇之

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです