メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

箸袋で折った「ほかけぶね」(前列左)と「龍」(同右)。後列3点が「伝承 五角結びの星」=和田大典撮影

 割り箸や祝い箸を包んでいる箸袋を使った折り紙が、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などで話題を呼び、海外からも注目されている。日本ならではの箸袋が折り紙文化と結びつき、デザインと形の掛けあわせでさまざまな「作品」ができる。その魅力とは--。

 ●「日本のチップ」

 星や鳥、ウサギ、犬、猫、クワガタ……インスタグラムやツイッターには箸袋で折られた多数の作品が投稿されている。クラゲやイカ、クリスマスツリーなど凝ったものも。ハートなどの基本形でもバリエーションは多彩で、同じ折り方でも箸袋のサイズや色や柄によってひと味違ったものになる。

 ブームの火付け役となったのは京都府亀岡市の福祉施設職員、辰巳雄基さん(28)だ。美大生だった頃、居…

この記事は有料記事です。

残り1337文字(全文1660文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  2. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  3. 大阪府が国未公表の情報を独自公表 感染者移動経路や滞在市町村名

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです